組合について

 

岐阜県電気工事業工業組合は、業界全体の改善と発展を図ることを目的とする商工組合です。

電気は照明や動力、情報の伝達手段として、またクリーンなエネルギーとして、あらゆる場所、あらゆる施設で必要不可欠なものです。

  当組合では、皆さんに安心して電気を利用していただくために、新しい技術に対応する国家資格と技術をもった技術者の養成に努め、あらゆる事業を行っています。

常に技能・技術の向上に努め、電気の保安を確保し、安全・安心をお届けいたします。

 

経営基盤の安定と拡充を図るために

 ○電気工事業の法的基盤の確立

社会的地位の確立と営業の安定を図るため、業界組織を結集し、永年の活動の結果、電気工事士法、電気工事業法の改正運動を行い、業界の地位向上に寄与しています。


 ○登録届出指導業務
電気工事業法登録、届出業務を始め、建設業許可、消防設備士等の許可申請指導、資格取得の為の講習会を行っています。

 

経営・技術の向上を図るために

 ○経営の改善と安定のために
行政庁、中央会の指導、講習会等を開催すると共に、適正価格を確立するために積算受注の指導、業界の実態調査による把握等、自らが積極的に問題に立ち向かう努力もしています。

 ○技術向上のために
技術向上訓練を始め、技術講習及び技術関係法令研修会を行い、又、メーカーによる新技術の講習会等も行っています。

 ○技能者養成のために
若年労働力の減少と共に、技術者不足といわれる現在、電気工事士受験準備講習会(第一種・第二種)等を設けています。

ご希望される方は、地域の支部事務局へお問合せ下さい。

 

広報活動

 ○組合の機関紙発行

ぎでんだより」を発行し、新しい情報、法律事項、組合活動等をお知らせしています。

 

福利厚生事業について

 ○全日電工連認定制度

  ・弔慰金・見舞金制度

   全組合員が加入している制度です。

   組合員の代表者が万一の場合や組合員登録事務所が罹災にあった場合などに弔慰金・見舞金をお支払いする制度です。

  ・第三者損害賠償制度

   組合員の作業中または作業完成後に発生した偶発な事故により、法律上の損害賠償責任を負担された場合に被る損害を

   補償する制度です。

  ・業務災害補償制度

   万一の労災事故に対するリスクを排除し、より経営を安定させたいというニーズに対応する制度です。

      ・組立保険制度

   団体一括加入の制度なのでお手頃な掛金で補償が得られる制度です。

  ・グループ共済制度

   団体一括加入の制度なのでお手頃な掛け金で保障が得られる制度です。

 ○労働保険事務組合

各支部に行政庁の認可を受けた労働保険事務組合を設け、労働保険、雇用保険に関する事務を代行しています。

 ○国民年金基金

高齢化社会といわれる中で、老後の生活を少しでも安心して暮らせるよう、国の厚生年金・国民年金では受けられない数々の特典を受けられ、大きな柱となっています。

 

委託事業

 ○第一種電気工事士定期講習業務 

全日電工連(岐阜県電気工事業工業組合)は、(一財)電気工事技術講習センター・(一社)日本電気協会とともに編成し「指定講習機関第1号」となり第一種電気工事士定期講習の窓口となっています。

開催予定はこちら

組合加入について

 岐阜県下で電気工事業を営む電気工事登録(届出)業者の方の新規加入をお待ちしております。

 詳しいことは、営業されている地域の支部事務局へお問合せ下さい。

役員名簿